<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

家計簿の作業を習慣づけるための「トリガー」


家計簿をつけるといっても、 1日の中で、いつ、どのタイミングでやれば、
うまくやり続けられる(習慣になる)のか、わからない、という人は
多いのではないでしょうか?




そもそも、夜寝て、朝、起きたら家計簿のことなんか、さっぱり忘れているもの。
仕事に行く準備をしなきゃ、とか朝ごはんの支度しなきゃ、とか考えたりするものです。




そこで、提案として、物事の新しい習慣をつける時に
「トリガー」を決める、という方法があります。




「トリガー」とは、銃などの引き金のことなのですが、「○○をやったら、家計簿のことを思い出す」
もしくは、「家計簿ノートを取り出す」「家計簿につける内容をメモする」ということです。




自分の場合は、「コーヒーを飲んで、休憩をする」ときに、家計簿のことを思い出します。
行なう作業としては、人によるでしょうけど、パソコンを立ち上げて、記録する・・という方も
いらっしゃるでしょう。




それが、面倒なら、レシートを財布から取り出して、
Wクリップにはさんでおく・・とかでもいいわけです。




「先月の○○費、いくらだったんだろう?」と考えて、出なかったら、
家計簿(ノート)を読み返すだけでもいいんです。




コーヒー(お茶)を飲む
 
 → 家計簿の作業をする(せめて思い出す)




という風にいつも行なっていることと関連付けると、新しい習慣(家計簿をつけること)が、
うまく身につくかもしれません。

関連記事

| 家計簿を続けるために | 10時11分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。