<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

記録作業

  1. 原則、細かくつけません。 細かくつけると面倒くさくなります。
    (経験談です (^^;)記録される方のやりやすいようにどうぞ)

    おおざっぱでいいので、 家計簿をつける習慣をまず、身につけましょう。
    752-388=?? 370円でいいや!というぐらいの感覚で、つけます。

    当然、使途不明金が多少?出てきますが、そこは、気にしません。
    まずは、つける習慣を。

  2. 取り出したレシートを日付順に並べます。そのあと、日付ごとに一番記入量が
    多いもの(たとえば食費)から順に記載していくと、楽かもしれません。

  3. 例えば、食費を記入した後、レシートの中に食費以外の項目があれば、
    そのレシートを日付別に仕分けたところに戻します。なければ、処分。

  4.  これを「娯楽」、「自己啓発」、「嗜好品・住居・光熱費・被服・医療・交通・通信・保険」
    で 記入していきます。


「先月度資産」

先月度資産 

家計簿シートの説明でも、書きましたが、ここには、先月の最終日の残高を記入します。
画像の例では、2012年2月なので、1月31日の残高を記入します。




「今月度資産」

今月度資産 

この例でいうと、2月の最終日(29日)の残高を記入します。
2月の最終日、ギリギリで、振込等がある場合もあります。
翌月の3月1日にでも、通帳記帳をして、残高を確認するのも、良いかもしれません。



最後の「自宅残高」というのは、自宅にあるお金の合計のことです。
毎月最終日に、自宅にあるお金の合計を記載しましょう。



小銭などを数えるのが、面倒な場合、千円単位で、つけても良いかと思います。
継続させることが優先です。



これは、かなり忘れやすいし、3日もずれると金額が、わからなくなったりするので、
できるだけ最終日に忘れないようにしたいものです。



ちなみに、忙しくて、3日、4日とずれた場合は、「大体、いくらつかった」と
おおよその金額を足して、自宅残高に記入しています。(^^;)




「収入」

kakei05 収入 

今月の収入を記録していきましょう。
複数、収入源があるうらやましい方用に、いくつか枠を作成しました。(^^;)




「費目」

費目 

各費目の合計額です。シートでは、下の記入欄を埋めた時点で、
自動的に入るようにしています。
記録用紙として、使われる場合は、ここを空白にした方が良いかも。




「食費」

食費


一人暮らしなので、自分はこれで充分です。ようは、いくら使ったか?
がわかれば良い、というスタンスです。




食費記入欄最後 

最終日は、月によって、違うので、ここは、もう手作業で直していくしか、ありません。(^^;)



食事は、全部食費で済ませています。作成者のライフスタイルが、反映された用紙なので、
この形となっております。自炊される方は、これで足りるのかどうか
自分には、さっぱり、わかりません。^^;) 



パン 98円、惣菜298円だったら、足して400円にして、晩の項目に記入。
野菜ジュース、果物もここに入れています。この二つは、健康を維持するために、
購入しているので、嗜好品ではなく、食費にしています。



普通のジュースなど、なくても生きていけるようなものは、嗜好品として、
「嗜好品・住居・光熱費・被服・医療・交通・通信・保険」の項目に入れます。




「娯楽」

娯楽 

ここは、節約したい項目を入れるところです。
「娯楽」と書かれている欄に好きな項目を入れてください。(酒、たばこ、パチンコetc)



ただ、酒、たばこ、パチンコetcにした場合、他の娯楽を別枠につくって、いれるか、
その他にまとめる必要が、出てきます。




「自己啓発」

自己啓発 

自分は、この「自己啓発」の変動が月によって、大きいので、
費目をこの項目にしているだけです。節約したい項目か?と言われると、
そうではありません。



ここに入れて管理しているだけです。お好きな項目に書き換えてください。
「娯楽」と同じ扱いの記入欄です。




「嗜好品・住居・光熱費・被服・医療・交通・通信・保険」


その他 

メインは、節約費目(「娯楽」・「自己啓発」)なので、それ以外は、まとめています。
その他でも良いのですが、一応、家計簿らしく費目を入れておきました。



自分が節約したい費目以外は、この項目へ。ちなみに上の費目の集計欄では、
「その他」としています。購入したものも、洗剤とかティッシュとか書かず、
全て雑貨で済ませています。



このあたりのものが、それほど家計を圧迫するとは、思えないのですが、
万一、ここが大きくなりすぎていたら、翌月、これを節約したい費目
(娯楽・自己啓発と書かれているところ)に入れましょう。



コーヒーやコーヒーに使う砂糖、ジュースなども全て、飲料ですませます。
(もちろん、細かく記入しても構いません)自分は、自炊をせず、
砂糖は飲料にしか使わないので、こうしています。



電気・ガス・水道などの固定費

全体右下部分
固定費 全体



赤丸部拡大図

固定費 拡大図



ここは、一定額、ほぼ必ず使うので、項目を最初からわけて、つくってあります。
使用される方の生活スタイルに合わせて、項目を増やして、使ってください。(携帯etc)


関連記事

| 家計簿のつけ方 | 19時25分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。