<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

このサイトについて

これを読んでいるあなたは、「家計簿をつけたいのだが、そのためにわざわざソフトを
買いたくもないし、パソコンにインストールしたくもない。でも、何にお金を使っているのか、
把握しておく必要は、あるしな~」と思ったことはないでしょうか?




これは、自分が、もう数年使っているものをB5で見開きで見ることができるように
したものです。自分が、使っているものは、4ページで、しかも、残り2ページに
無駄が多いので、2ページにまとめ、下図のような用紙を作成しました。


家計簿全体 PC用 上
家計簿全体 PC用 下



家計簿をつけたいが、どこから手をつければ、いいかなあ~、という方や、
最初から順番に読みたいという方は、右サイドバーにある
「月別アーカイブ」の「2012/2」をクリックして、上から順に
読んで行っていただけると理解できるように記事を配置しました。



なお、そのINDEXは、以下の通りに、なっております。
読みたい記事がある場合、こちらからご覧ください。



INDEX 家計簿のつけ方

このサイトについて(今、ご覧になっているページです ^^)
プロフィール
相互リンクについて
お問い合わせ
免責事項
家計簿サイトで、これを読んでいるあなたの目的
家計簿シートの説明
まずは、レシートを集めるところから
コーヒーブレイク(休憩タイムの時)の時に
記録作業
通帳記帳
家計簿の記録方法
費目をパチンコ、パチスロなどのギャンブルにする場合(参考までに)
全部、記録できなかったら
エクセルで記録したシートはプリントアウトして、ノートにはりつける
使途不明金について
シートの月の表記を翌月分(例、2月から3月に)に変える場合
続くかどうか自信のない人
節約したお金で、買うものを決めましょう
エクセルシート保管場所
家計簿のつけ方のまとめ




最低限の家計簿のつけ方は、上述の「INDEX 家計簿のつけ方」で、
つけられるように記事を構成いたしました。




以下のINDEXは、家計簿を続けていく上でのポイントや、モチベーションの保ち方、
節約事項などを追加して、記載したINDEXとなっております。




INDEX その他 家計簿を続けるため 節約事項


家計簿で無駄づかいをなくす、といわれても?
ジャンプ、サンデー、マガジン、ヤンジャンetc etc
家計簿の見直し
鎮痛剤として、お金をつかうケース
家計簿日記を、記録し始めてみました
家計簿の作業を習慣づけるための「トリガー」

これ以降も、記事は続いていきます。




とりあえず、画像のエクセルシートをダウンロードしたい、という方は、この
エクセルシート保管場所をクリックして、この記事に移動し、
そのページの中にあるリンクを右クリックしてダウンロードしてください。



読みたいところだけを抜粋して、読みたい方は、右サイドバーのカテゴリを選ぶか、
もしくは、「全記事表示リンク」をクリックしていただけると、全ての記事が、閲覧できます。




このサイトを作成したきっかけ


私は、会社では、やりたくないことをお金のためにやり、疑問を感じていました。
同じようなことを感じていらっしゃる方は、多いのではないでしょうか。




状況を変えるためには、行動を変えなければいけませんが、そのためには、
お金が必要です。収入アップは、いきなりは、むずかしいし、どこから手を
つければいいのか・・・。




何から手をつけていいか分からない・・という場合、まず、できることは、節約です。
しかし、節約と言っても、やりすぎてしまい、お金もたまるが、
ストレスもたまりまくる・・・となっては、意味がありません。




無理な節約でストレスをため込みすぎると、後々、ストレスを爆発させて、
大金を使う引き金にもなりかねません。




節約をするためには、結局、いまどのぐらいお金を使って、うさ(ストレス)
を晴らしているのか・・・を調べ、記録をつけ、段階的に削っていくのが、
理想的かと思います。




急激なダイエットをした人が、リバウンドで元に戻るのと同じように、
節約も急激にやったら、いやになってしまいます。少しずつやった方が、
持続性が高いのです。
(もちろん、一気にやって、それを継続できれば、なお良いです。)




でも、少しずつ削るといっても、いまどのくらいのお金をうさばらしに使っているのか、
それがわからなければ、話になりません。まずは、節約の前に家計簿をつける習慣をつけ、
自分の支出の額を知ることから始めませんか?




家計簿というのは、あなたが、


あなたの資産を増やす(手元に残しておく)ために


つけるものなのです。


関連記事

| 初めての方へ | 07時43分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。