| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

全部、記録できなかったら

  1. 全部記録できなかったら、それは、それでよし!今まで記録0だったものが、
    100%できるわけなし!!(←断言しちゃいかんだろ・・ ^^;)

    数十パーセントとはいえ、つけたのだから、立派な進歩です。(私は、そう思います。)
    翌月も、この調子でつけましょう。

  2. ちょっと(1分ぐらい)考えて、思いだせない項目などは、
    つけることをあきらめましょう!!

    思い出せなかった経験を積み重ねることで、
    メモする習慣などが、身に付くようになります。

    「思い出せなかった経験を一つ積み重ねた」・・・ぐらいに考えて、
    次の作業に移りましょう。

  3. 次の月は、モチベーションが下がり、だれる可能性があるので、
    つける割合がさらに減っても良し!!

  4. どうしても辛かったら、食費だけでもつけるとか、
    削減(節約)費目だけつける、とかしましょう。

  5. それすら、きつかったら、レシートを集める習慣だけでも、継続させましょう。
    最後に記録をつけないまま、レシートを処分しても良し!!
    (う~ん、おおざっぱ ^^;)


スポンサーサイト

| 家計簿をつけたら | 19時20分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

使途不明金について

使途不明金が出ても、気にしない。(←こればっか (笑))
最初は、誤差が出て当たり前です。つける習慣を大事にしましょう!



そもそも、新しく始めたことが、多すぎるのです!
通帳を記帳するとか、レシートをためるとか・・。



ぬけがあって、当たり前。
続けていくうちに、 どんどん精度が上がっていきます(誤差が少なくなっていきます)。


| 家計簿をつけたら | 19時09分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

続くかどうか自信のない人

まずは、レシートを向きをそろえて、ためる習慣をつけましょう。
それだけでも、大きな変化です。



続かない人の特徴

ここで、ちょっと続かない人の特徴を、思いついたまま、あげていこうと思います。


使途不明金にこだわる

記録上の収支の差と実際の収支の差が、合わずストレスを感じ、
家計簿をつけること自体をやめてしまったりします。


気持ちは、よ~~く、わかりますし、合わないと気持ちが悪いものですが、
本来の目的は、月単位の大きなお金の流れ、支出の額を把握することです。


つけ始めた最初の理由は、なんだったのか?をもう一度、思いだしてみましょう。



最初から、完璧なものを目指す

「使途不明金にこだわる」の内容とかぶるところが、あるのですが、
家計簿のつけはじめから、メモし忘れたところを悔やんだり、
計算があわなかったりして、やる気をなくしたりします。


新しく始めた習慣(頑張ってできた部分)に目をむけず、「完璧な家計簿の形」との落差に
意識が向いてしまい、モチベーションが下がってしまうのです。


物事、そう簡単に完璧になど、できません。少なくとも自分は!(笑)


できたところに目を向けましょう。家計簿をつけたのなら、その部分が、
あなたの進歩の証なのです。


細かくつけすぎて、いやになる


最初にいろいろと費目をわけて書き、いざ記入の段階になったときに、これはどの費目
だろう?などと考えて、作業量を増やし、いやになってしまったりします。


最初は、本当に大雑把でもいいのです。続けられるスタイルを続けていきましょう。
何も考えず、できるようになったとき、次のステップに進めばいいのです。


「あれ、今、レシート貰ったっけ?」と思い、確認したら、しっかりもらっていた(笑)
なんて状態になっていれば、次に家計簿をつけ始めたっていいのです。 



英雄とは自分の出来ることをした人だ。
ところが、凡人は、そのできることをしないで、できもしないことを望んでばかりいる 

ロマン・ロラン


との言葉が、あります。
今できることを大事にしてみる、という発想もありではないでしょうか?

| 家計簿をつけたら | 19時45分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

家計簿の見直し

これは、おろそかになりがちです。家計簿は、つけたら、つけっぱなしでは、
(最終)目的の半分も達成しておりません。



もちろん、今まで、全く家計簿をつけてこなかった人は、最初の目的が
「つける作業を習慣化させること」なので、これは後回しでも良いかと思います。



頭の片隅にでもとどめておけば良いかと・・。




家計簿で、記録をつけるとそれだけで、満足してしまいがちになり、
何にいくら使っているのか?買ってすぐ、
使い物にならない(読み飽きた雑誌なども含む)ものを買っていたり、
してはいないだろうか?ということにまで、頭がまわりません。



しかし、それを考える作業が、とても重要なのです。
自分は、パソコンに入っていると、パソコンを立ち上げるのが、
面倒なため、これを怠っていた時が、ありました。



そのため、ノートに記録用紙をはりつけることをおすすめしているのです。



繰り返しになりますが、これから家計簿をつけよう、という人にとっては、先の話になります。
まずは、家計簿をつける習慣を! (^^)/

| 家計簿をつけたら | 09時11分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。