| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

費目をパチンコ、パチスロなどのギャンブルにする場合(参考までに)


パチンコ・パチスロ

  1. 支出は、かならず記録します。
    支出をプラスで表記しているので、収入はマイナスで記入する必要があります。

    もしくは、表上部の収入の項目にまとめていれるか・・というところですが、
    上部収入の項目は、欄が少ないので、支出欄にマイナス表記をしていく方が
    良いかもしれません。



  2. 使う額は、店に入る前に決めます。パチンコ、パチスロをするときは、熱くなったり、
    疲れてボーっとして、いくら使ったか、わからなくなるときがあるので、参考までに
    一つのやり方を記しておきます。


    まず、予算3万円なら、胸ポケットに一万円札3枚を入れます。
    財布の中に500円玉や1000円札があっても、必ず両替して、胸ポケットにいれ、
    この500円玉や1000円札から使っていきます。

    (お金の管理は、自己責任で行うように!!このやり方でお金を紛失しても、
    当サイトは責任を負いません!)

    やめる時に胸ポケットに残った金額を、入れていた金額からさしひく。
    帰り際なら、ちょいと休憩室にでも、立ち寄って、メモを書けるでしょう。
    あるいは、席を立つ時にケータイにメモするのも良いです。


  3.  パチンコ・パチスロなどのギャンブルを2週間行くのをやめたら、
    そのお金で好きなものを買ってみるのも手かもしれません。

    どれだけ、多くのものが、買えるのかを経験し、できれば買った物を全部、
    写真にとっておいて、プリントアウトしてノートにはりつけると、
    視覚的効果も、見込めるでしょう。

    写真の下に金額を書いておけば、なお良いかと思います。(^^;)




競馬・競輪・競艇


競馬・競輪・競艇は、待ち時間にいくらでも書けるので、ここでは、説明を省きます。 (^^;)

スポンサーサイト

| 節約の方法 | 07時04分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

節約したお金で、買うものを決めましょう



この項目を最後に持ってきましたが、節約したお金で、買うもの、買いたいものを決めると、
モチベーションアップとなり、継続する力となります。


もしも、最初に決めた方がモチベーションのアップになるなら、これを先に決めて、
家計簿をつけ始めるのが、良いかもしれません。




おすすめ商品

パソコンバックアップ用の記録媒体(外付けHDDやUSBメモリー)


自分は、まだ、パソコンのクラッシュの経験は、ないのですが、どこかの統計では、
二人に一人は、パソコンのデータの損失を経験しているとか・・。



今のパソコンには、1GBもデータは入っていないので、
16GBのUSBメモリー(フラッシュメモリ)を購入して、
週に一回、全データを入れています。500MBぐらいですが、10分かかりません。



値段も1500円しませんでした。まあ、お店で処分品として、
安売りしていた、というのもあるかもしれませんが・・。



節約をして、お金がたまったら、購入して、
バックアップする習慣をつけることをおすすめします。



ゲームソフト、ゲームハード


節約を始めると、どうしてもやることが、お金のかからないことになってきます。


個人的にゲーム好きなので、これをすすめますが、PS2用の過去のヒット作品なら
(モンスターハンター、鬼武者など)なら
アマゾンで数百円で売られています。ゲームハードも、本体が、2万円ほどです。


ニ、三か月、節約すれば買えないことはないかと・・。あとは、それを時間を決めて、
気分転換程度に遊ぶ、というのも、ありかと思います。(^^;)




自己啓発


成功している人は、ほぼ例外なく、本を読んでいるそうです。
特に、成功するため、幸せになるための自己啓発本が、やはり欠かせないようです。



貯金


何かあったときに、大変、役に立つのが、お金です。
もしものときのために、貯金をしておきましょう。


| 節約の方法 | 19時46分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

コレクションにお金を使うことについて



経済評論家の森永卓郎さんが、フィギュアやミニカーetcいろいろ集めているようです。



自分にコレクションの趣味はないですが、楽しいかもしれない、という気持ちはあります。
自分だったら、シールブック、もしくは、カードブックの類が、楽しいかもしれない。




レアものと呼ばれる中々手に入らない商品を大金をはたいて、買おうとする心理も、
自分の中には全くない、とは言えません。




ですが、それらが、自らの(将来も含めての)基本的生活をおびやかすものなら、
それは、考えものです。




収集癖が、原動力となって、仕事に熱が入ったり、あるいは、
新しいビジネスになったりするのなら、良い結果だと思います。




ですが、自分の財源をおびやかすのは、まずいです。
そこを判断できる冷静さは、持ち合わせたいものです。




レアものなんかは、ブームが去って、2~3年ぐらいしてから、
ネットで探してみては、いかがなものでしょうか??
商品が、だぶついていたりするのでは?(笑)




自分も、収集する楽しさが、わからないわけではないので、
一概に「ムダ!」と切って捨てられないものがありますが、
結局、これもコレクションにいくら使っているのかを把握して、
バランスをとる方が良い・・というぐらいの見解しか出せません。




そういう意味でも、やはり家計簿をつけることは、重要ではないでしょうか?

| 節約の方法 | 17時35分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ものを購入するのに、2週間以上考える習慣



自分は、今だと3000円以上、これを買ったらどこに置くのか、どこにしまうのか、
を頭の中で映像で、考えてみます。



食事なら、ハンバーグとチキンステーキで迷った時、口の中で、
両方の味を思い出てみたりもします。



必要ないな・・と思ったら、もう購入するのを控えるのですが、そもそも2週間たつと
「欲しい!」と思っていた感情が、うすれて消えている(忘れる)ことが多かったりします。



もしくは、また別の新しいものを欲しがっているか。(笑)
どう使うのか、どう楽しむのか、他の物で代用できないのか?を考えてみたりもします。



100円ショップに置いてある、ちょっとした小物入れや、ホームセンターなどに
置いてある書類用のトレイなど、「これ分類に便利かな~、欲しいな~」などと
思ったりするのですが、置く場所がなかったり、何を入れるのか、
具体的に思いつかなかったりするので、断念したりします。



物を購入する際に、一度、「2週間は待つ!」と考えてみては、いかがでしょうか?



あるいは、どうしても欲しかったら、せめて、それを購入して、写真にとっておき、
ノートに張り付け、値段を書いておきます。



そして、後日、それを眺めて、「これ、いらなかったかな?どうだろう?」などと、
振り返ってみては、いかがでしょうか?



この経験が、次の欲しい物への購買意欲に、自然に抑制をかけてくれるかもしれません。

| 節約の方法 | 08時21分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。