| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

まずは、レシートを集めるところから

当然のことながら、買った物の金額を覚えておかなければいけないのですが、
いちいちメモするのも面倒。なので、いうまでもないことかもしれませんが、
レシートをもらうところから始めましょう。


  1. お店でものを買ったら、極力レシートをもらいましょう。


  2. 仮に忘れても、気にしないことです。「あ、レシートもらうの忘れた!!」
    を 何回も、積み重ねていくうちに忘れなくなります。
    「あ!忘れた」という経験を積み重ねた、と思いましょう。


  3. レシートを財布に入れるときは、向きをそろえて、同一方向に入れます。
    向きをそろえないと、まとめて取り出した時に、上下表裏がバラバラに
    なっていて、整理するのが、面倒くさいことになります。
     
    レシートを入れるとき、財布に入っている前のレシートの裏の面側に入れていくと、
    まとめて取り出した時、時系列順になっているので、仕分けがしやすいです。

    これを怠ると、日付の順番が、ぐちゃぐちゃになってしまい、取りだした時の整理が、
    また面倒になります。


  4. ある程度、たまったらWクリップで、保存しておくのが良いかも。

    Wクリップ Wクリップ


  5. レシートが、もらえないところは、メモをします。あるいは、ケータイの
    ボイスレコーダーなどに日付、買った物、金額を入れておきましょう。

    ちなみに自分は今でもこれを忘れて使途不明金が、
    「なぜ、こんなに使途不明が??」 になったりします(笑))


スポンサーサイト

| 家計簿をつける前に | 19時19分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

コーヒーブレイク(休憩タイムの時)の時に

コーヒー 


  1. コーヒーブレイク(休憩時間)の時に、家計簿のことを思い出します。
    かならずしも、作業をする必要は、ありません。
    まずは、思い出すだけでも良しとします。

  2. 作業をする気になったら、少しだけやります。このとき、意外とはかどったりします。

  3. 記録の前にレシートの項目を色分けするのも、一つの手です。
    レシートの項目は、食費やその他のものが、当然のことながら、
    バラバラに記載されています。

    記録作業に入るほど、モチベーションが上がらないときは、費目別に蛍光ペンなどで、
    色分けする程度にとどめるのも、ひとつの手かも、しれません。

    まあ、これは必須というわけではないので、記録しやすいやり方を選びましょう。




 

| 家計簿をつける前に | 07時20分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

通帳記帳


当然のことながら、通帳に記帳されていないと、内容が書けません。
ちょいと、面倒くさいかもしれませんが、これは行っておきましょう。



月末にかならずしめなきゃいけない!・・というものでもないので、
翌月の初めの週ぐらいにいっても良いかも・・。



翌月初めに通帳を記帳し、通帳引き落とし分の金額を固定費の欄に記入しておきましょう。
項目は、使う方の用途に合わせて、変更してください。


固定費 拡大図





今月度資産


今月度資産 記入欄


通帳記帳を終えたら、今月最終日の残高を、ここに記入しておきましょう。


| 家計簿をつける前に | 19時20分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。